2016年8月27日

印刷会社が取り扱うクリアトナーについて

プリンターの技術的な水準は近年になって格段に向上しています。少し前の時代までには印刷業者に頼まなければ作ることのできなかったクオリティーの印刷物であっても、事前のプリンターで作ることができる時代がもう既に来ています。

家庭用のプリンターはインクジェット方式が多いため、業務用の印刷物としては若干品質が落ちて見えるかもしれませんが、トナー方式を採用している一般業務用のプリンターを使えば、専門業者と比較をしても遜色のないクオリティーで印刷をすることもできます。

しかしながら印刷を専門に取り扱う印刷業者は、印刷業者でしか作ることのできない種類の印刷物を取り扱うことで差別化を図っています。例えばA3サイズ以上の大きな印刷物であったり、特殊な形状や特殊な折り方をしている印刷物を清掃することができるのです。また一般業務用のプリンターでは黒色、赤色、黄色、青色の4色のトナーでさまざまな色を作り出すことができますが、専門業者ではこの4色に加えてクリアトナーと呼ばれる透明な印刷を行うことで差別化を図っているのです。

このクリアトナーを使うと印刷物に凹凸が生まれるのが特徴です。高級感のある印刷物にはしばしば表面に凹凸を感じることがありますが、透明な塗料を吹きつけることにより様々な食感や模様を作り出すことができるのがこのクリアトナーの特徴なのです。

このような特殊な塗料を使うことができるのは印刷会社が持つ特殊なプリンターに限られます。
富士ゼロックストナーがオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です