2016年7月27日

リサイクルトナーによるコストダウン

現在ではどのようなオフィスでもプリンターを設定しているといえます。それだけ印刷物は専門の業者に頼まず自分たちで作ると言う習慣が根付いて来ています。

家庭用のプリンターはインクジェット方式が多くなっていますが、ビジネス向けに作られている業務用のプリンターのトナー方式を採用しています。インクに比べてにじみが出にくく、美しい印刷が可能になると言うのが特徴です。そのため多くの企業がトナー方式の印刷を行うようになってきています。

そんなトナーですが一般的には4色が採用されています。赤色に黄色、青色、そして黒色の富士ゼロックストナーの4色ですべての色を表現する仕組みになっています。この4色はそれぞれ別で購入する仕組みになっているので、消費量に応じて無駄なく使うことができます。

一部の家庭用プリンターにおいてはすべての色を同時に交換する仕組みになっているため、無駄が発生する場合もありますが、業務用のプリンターにはそのような問題は起きません。

無駄なく使用することができる仕組みが整っています。コスト削減の方法としては、メーカーの提供する純正品以外を使用すると言うリサイクルトナーの採用などの方法を挙げることができます。

しかしながらリサイクル品を使用することによるデメリットも少なくないため、リサイクル品を使用することによるメーカーのサポートがなくても問題はないと言う確信が持てるようになるまでは使わないようにした方が良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です